Home » 講師プロフィール

講師プロフィール

上間陽子(うえま・ようこ)さん
1972年、沖縄生まれ。琉球大学教育学研究科教授。
専攻は教育学、生活指導の観点から主に非行少年少女の問題を研究。1990年代後半から2014年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年たちの調査・支援に携わる。                  
椹木京子(さわらぎ・けいこ)さん
NPO 法人博多ウィメンズカウンセリング共同代表
日本フェミニストカウンセリング学会認定フェミニストカウンセラー。公認心理師。
⺠間・公的機関で DV や性暴力などのカウンセリングやグループワークを中心に女性と子どもの支援を行う。
                                                みつこさん
横浜生まれ。ニューヨーク在住。アラノンメンバー。                            
                                                  ゆきさん
1974年、千葉県生まれ。母親の再婚相手であった二番目の父親と、現在の夫がアルコホーリク。アルコホリズムとは家族の病であり、夫と共に12ステッププログラムを利用して回復の道を行く。2021年10月よりアラノン家族グループJLOのメンバー。
                                                  Tin Tin Htun (ティン・ティン・フトゥン)さん
ミャンマー/ビルマ出身。筑波大学にて心理学博士号取得。
日本におけるマイノリティ問題やリプロダクティブ・ライツに関する研究論文を発表している。
中央大学、立教大学、恵泉女学園大学、上智大学でジェンダー研究講座を担当。
                                            中島幸子(なかじま・さちこ)
NPO法人レジリエンス代表、米国法学博士、大学非常勤講師。
DV被害にあった経験がきっかけとなり勉強を始め、2003年に女性のための「こころのcare講座」をスタートさせ、「レジリエンス」を結成。同年、米国ソーシャルワーカー修士号取得。全国各地で毎年多数の講演を行う。
主な著書に「性暴力:その後を生きる」(レジリエンス、2011)、「マイ・レジリエンス:トラウマとともに生きる」(梨の木舎、2013)や共著に「傷ついたあなたへ<1>、<2>」(梨の木舎、2005、2010)、共訳に「DV・虐待加害者の実体を知る」(L.バンクロフト著、明石書店)など。
                                            ⻄山さつき(にしやま・さつき)
NPO 法人レジリエンス代表。
2003 年、「レジリエンス」結成時から DV、デート DV に関する講演、研修会の講師として活躍。全国各地で、DV、デート DV、心の傷つき、トラウマ、そこからの回復などについて、当事者、当事者の家族・友人、支援者、学生、教育関係者、さまざまな立場の人々に有用な情報を伝えている。
著書:「傷ついたあなたへ」「傷ついたあなたへ 2」 レジリエンス著(梨の木舎)共著、「ランディ・バンクロフト氏が答える Q&A ドメスティック・バイオレンスの真実」 レジリエンス編(レジリエンス)共著