第25回 SAFER研修プログラム 2020年9/5-6 会場参加とオンライン参加をお選びいただけるようにしました。

※ワークと竹下小夜子さんのお話は、以前の開催時の内容と概ね同じです。

【日時】

 2020年9月5日(土) 10:30~16:30  お昼休憩1時間程度(会場内での飲食はご遠慮ください)

 2020年9月6日(日) 9:30~15:30  お昼休憩1時間程度(会場内での飲食はご遠慮ください)

【会場参加】

 大阪府立大学 I-siteなんば (大阪市浪速区式津東2-1-41 南海なんば第1ビル2階)

 地下鉄御堂筋線・四ツ橋線 大国町駅下車 徒歩7分

 南海電鉄 なんば駅下車 徒歩12分

 ※十分な座席間隔を確保いただけるよう定員を減らす等しています。会場内でのマスク着用・手指の消毒にご協力ください。また、当日、体調不良や発熱などの症状がある方は、来場をご遠慮いただき、オンラインでご参加ください。

 ※状況によっては、一部講師の講義がオンライン配信となる可能性もあります。

 ※状況によっては、オンライン配信のみでの開催となる可能性もあります。

 ※研修終了後1ヶ月程度、録画した動画をオンラインで見ていただけるようにする予定です。

【オンライン参加】

 Zoomでの配信を予定しています。

 参加費の入金が確認できた方には、準備ができ次第、当日のURLをお送りいたします。

 ※研修終了後1ヶ月程度、録画した動画をオンラインで見ていただけるようにする予定です。

 ※ネット環境等により、映像や音声に乱れが生じる可能性がございます。予めご了承ください。

 ※研修内容の録音や録画、スクリーンショット撮影、URLを他の方と共有することは固くお断りします。

【参加費】会場参加:33,000円(税込) オンライン参加:32,200円(税込)

 ※原則として、キャンセル等によるお振り込み後の返金は致しません。

【定員】会場参加:30名(先着順、定員になり次第締め切り) オンライン参加:定員なし

【講師】

 飛田桂さん(弁護士、NPO法人神奈川子ども支援センターつなっぐ代表理事)

 竹下小夜子さん(精神科医、さよウィメンズ・メンタルクリニック院長)

 椹木京子(NPO法人博多ウィメンズカウンセリング/NPO法人レジリエンス)

 西山さつき(NPO法人レジリエンス)

 中島幸子(NPO法人レジリエンス)

【対象】現在支援活動などを行っている方、職業的に性暴力被害者に接する立場にある方

 ※性別を問わずご参加いただけます。

 ※お申し込みをいただきましても、ご参加の要件を満たさない場合は、お断りさせていただくことがございます。ご了承ください。

 ※また、トラウマの症状の強い方の参加はご遠慮ください。症状のコントロールができていないと判断される場合は、お断り、もしくは研修途中でもご退席をお願いすることがあります。

【単位】2日間で10単位(1日のみのご参加は受け付けておりません)

【主催】NPO法人レジリエンス

【お申込み】

参加ご希望の方は下の受付フォームに情報を入力の上、お送りください。参加費のお振込み先等の情報をご連絡させていただきます。

※ワークと竹下小夜子さんのお話は、以前の開催時の内容と概ね同じです。

当ホームページやレジリエンスの無料メールマガジンにてお知らせいたしますので、よろしければご登録ください。

レジリエンス無料メールマガジンの登録


○第25回プログラム(2020/9/5-6)時間割(予定) 天候その他の理由により、変更になる場合もございます。
1日目 10:30~16:30 2日目 9:30~15:30
10:00 受付開始 9:10 受付開始
午前: 10:30 開始 オリエンテーション ワーク
椹木京子(博多ウィメンズカウンセリング/レジリエンス)
西山さつき(レジリエンス)
午前: 9:30 開始 「トラウマの影響(仮)」
講師:中島幸子(レジリエンス)
お昼休み(会場内での飲食はご遠慮ください) お昼休み(会場内での飲食はご遠慮ください)
午後: 16:30 終了 予定 「虐待を受けた子どもをとりまく支援の在り方」
講師:飛田桂さん
(弁護士/NPO法人神奈川子ども支援センターつなっぐ代表理事)
午後: 15:30 終了 予定 「精神医療の現場から見た性暴力被害の回復支援」
講師:竹下小夜子さん
(精神科医/さよウィメンズ・メンタルクリニック院長)