第23回 SAFER研修プログラム 2020年4/25-26 京都にて開催

※ワークと外部講師のお話は、以前の東京開催時の内容と概ね同じです。

※新型コロナウイルス感染症予防対策として、座席間の距離を取ることにし、定員を削減しました。定員に達しましたので、キャンセル待ちのご登録になります。

【日時】

 2020年4月25日(土) 10:30~16:30  交流昼食会あり

 2020年4月26日(日) 9:30~15:30  お昼休憩1時間あり

【会場】

 kokoka京都市国際交流会館 (京都市左京区粟田口鳥居町2-1)

 地下鉄東西線 蹴上駅下車 徒歩6分

 市バス京都岡崎ループ 動物園東門前 徒歩1分

 市バス5・100系統 岡崎公園 美術館・平安神宮前 徒歩10分

【参加費】35,200円(税込、1日目昼食代を含む)

 ※原則として、キャンセル等によるお振り込み後の返金は致しません。

【定員】35名(先着順、定員になり次第締め切り)

【講師】 講師プロフィール

 細尾ちあきさん(NPO法人ぷるすあるは)

 寺町東子さん(弁護士)

 椹木京子(NPO法人博多ウィメンズカウンセリング/NPO法人レジリエンス)

 中島幸子(NPO法人レジリエンス)

 西山さつき(NPO法人レジリエンス)

【対象】現在支援活動などを行っている方、職業的に性暴力被害者に接する立場にある方

 ※性別を問わずご参加いただけます。

 ※お申し込みをいただきましても、ご参加の要件を満たさない場合は、お断りさせていただくことがございます。ご了承ください。

 ※また、トラウマの症状の強い方の参加はご遠慮ください。症状のコントロールができていないと判断される場合は、お断り、もしくは研修途中でもご退席をお願いすることがあります。

【単位】2日間で10単位(1日のみのご参加は受け付けておりません)

【主催】NPO法人レジリエンス

【お申込み】1月中旬開始

※ワークと外部講師のお話は、以前の東京開催時の内容と概ね同じです。

※新型コロナウイルス感染症予防対策として、座席間の距離を取ることにし、定員を削減しました。定員に達しましたので、キャンセル待ちのご登録になります。

register-new register-repeat

当ホームページやレジリエンスの無料メールマガジンにてお知らせいたしますので、よろしければご登録ください。

レジリエンス無料メールマガジンの登録


○研修プログラム(2020/4/25-26)時間割(予定) 天候その他の理由により、変更になる場合もございます。
1日目 10:30~16:30 2日目 9:30~15:30
10:00 受付開始 9:10 受付開始
午前: 10:30 開始 オリエンテーション
ワーク
 講師:椹木京子(レジリエンス)
    西山さつき(レジリエンス)
午前: 9:30 開始 「性暴力について(仮)」
 講師:中島幸子(レジリエンス)
交流昼食会(お弁当を準備しています) お昼休み(昼食は各自ご用意ください)
午後: 16:30 終了 予定 「こころの不調をかかえた親をもつ
         子どものケア」
 講師:細尾ちあきさん
 (NPO法人ぷるすあるは)
午後: 15:30 終了 予定 「性暴力・性虐待をめぐる法律」
 講師:寺町東子さん(弁護士)

【昼食交流会について】

※このプログラムでは、日本各地で性暴力被害者の支援にたずさわる方々が、お互いに顔の見えるつながりを持つことも目的としています。1日目の昼食の時間を交流会とし、昼食をとりながら、コミュニケーションをとる時間としたいと思います。

※1日目の昼食(お弁当)は当方でご用意いたします。何らかのご事情によりご自分で用意される場合はご連絡ください。

※交流会の時間では、皆さんが活動されていること、PRされたいことなど、発表していただければと思います。チラシ等があれば、お持ちください。